立てこもり犯確保に思うこと

立てこもり元組員逮捕 殺人未遂容疑 29時間後に投降 
2007年05月19日01時06分 asahi.com

愛知県長久手町長配(ちょうはい)2丁目の自宅に男が拳銃を持って元の妻を人質に立てこもり、県警機動隊員1人を射殺し、警察官ら3人を撃ってけがをさせた事件で、県警は18日午後8時48分、元山口組系暴力団組員で、会社経営大林久人容疑者(50)を警察官らを射殺しようとしたとして殺人未遂容疑で緊急逮捕した。発生から約29時間がたっていた。県警は今後、殺人容疑でも立件する方針。人質の元妻は、同午後2時51分に自力で脱出して無事だった。

--------------------------------------------------------------------


発生から29時間も経って、ようやく犯人が投降してとりあえずの解決になったけど、機動隊の人が1人殺されてしまった。
素人考えだけど、もうちょっとうまく対応が出来なかったのかなと。
人質になってた人が自力で脱出した段階で、突入して確保することは考えなかったのかな。
特殊部隊が周りを取り囲んでいたのに、延々と説得をしてるだけってのは、見ててじれったいというかなんと言うか・・・。

特に今回、同僚を2人も死傷させられた現場にいた警察官たちは、どんな風に思ったんだろう。
目の前で仲間を1人殺されても、説得を続けるってのは、どこかで納得いかない部分もあったりするんじゃないのかなぁ。
勿論、仲間が殺されたからって感情的に強攻策を取るのは褒められたもんじゃないけど。
ただ、今回は最初から突入しての制圧を、県警上層部が考えてなかったように見える。
犯人に向けて銃を構えているのに、その目の前で同僚が1人射殺されたのに、特殊部隊が発砲するってことが無かったし。
撃った後で何か問題が起こるのを、上層部の人間は避けたかったんだろうけど、それじゃなんの為に武装した特殊部隊を現地に配置したのか。
一般の警察官では対処できない事態に備えての特殊部隊のはずなのに、銃器の使用に関しての規則が、一般の警察官と同じじゃダメだろ。

何の為の特殊部隊か。
それをもう一度考え直さないと、こういう現場で最前線に立つ警察官が犠牲になることが、これからも出てくるんじゃないの?

それと、警察にしても消防にしても自衛隊にしても、危険な任務で最前線に立つ者の自身の命を護るための装備への投資は、もっと税金投入して充実させるべき。
いくら充実させてもダメなときはあるだろうけど、万が一の可能性を低くする為の手立ては怠ってはならないと思う。
日常を、のほほんと暮らせているのは、そういった人たちが頑張ってるお陰なんだし。
俺は仕事柄、消防隊の人と接する機会があったりするから、つくづくそう思う。


しょーもない法律をゴチャゴチャいじるよりも、政治家はもっと率先してやるべきことがあるはず。
それこそ国民生活の安全に直結する分野でしょ?





殉職された警察官のご冥福をお祈りいたします。

奥さんと赤ちゃんが居たって聞くと、やりきれませんね・・・。





テーマ : 気になるニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

PoweredBy

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新の記事
ブログ内検索
勝手にリンク
過去ログ
画像ファイル名の設定ミスのため、写真が入れ替わってしまっている記事があります。 コメントの設定を一時甘くしていたので、おかしなコメントが殺到してる記事があります。 閲覧する場合はご注意ください。 多すぎるので、修正するのはあきらめました YouTubeアカウントが停止されてしまったため、一部記事内の動画が再生できないものがあります(謝)
旧館へのリンク