やれば出来る、やらなきゃ出来ない

アウェイ等々力の地(とはいえ、等々力はあまりアウェイの感じがいたしませんが)で現在首位に位置していた川崎を達也&ナギーのゴールで撃破。
新潟戦のグダグダっぷりはどこへやら、キックオフから前に出て行く気持ちとしっかりとしたプレスで、自分たちのペースでゲームに入れたのが結果に結びついたのかなぁ。

主審がカードの魔術師ショージ柏原だったので、まあジャッジの内容には期待してはいませんでしたが、キャプテンが黄色2枚頂いて退場。
次節は有給休暇です。
実際のところ、うちのキャプテンは【前半は寝ていた】などと表現されることもあり、常に最初から1人足りない状態で戦っているのと同じ状況があったりするので、変な意味ですが退場者がキャプテンだったことがゲームへの影響が少なかったのではないかと思ったり(苦笑)

キャプテンが立ち上がりから全開パワーで戦ってくれれば、どんな相手にも負けないのですが、どうやら未だに本人がそのことに気が付いていないようで・・・
次節は休んできっちりと頭を冷やしてください。

でも解説の三浦ヤスも、あのジャッジはちょっと・・・って言ってた気も(笑)





試合全体を通してチーム全体の意思(闘志)が統一した形で見えていて、キックオフの雰囲気から今日は平気だなと思って見ていました。
録画でですが(笑)

全体での連動した動き、とくに守備面でそれが出来ていたのは試合をうちのペースで進めるには大事なこと。
浦和のチームの基礎を成しているのは攻撃ではなく堅守
とにかく攻撃陣の面々に話題が行き勝ちですが、その攻撃を支えているのはボランチと3バックを中心にガッチリ固めるディフェンス力です。
新潟戦では運動量がまるっきりなかったため、守備力を生かすことが出来ずに敗戦を食らいましたが、今回はしっかりと脚が動いていて守備力を生かせたんじゃないかと。

やっぱり気持ちの持ち方次第という事なんですかね。

出来ることをやらないでサボれば試合を落とします

出来ることをそのままやれば試合を落とす確率は極端に低くなります

出来るか出来ないかではなく、やるかやらないか

勝敗は常にここに掛かってます。

今の浦和、というかこれは浦和の永遠の課題なのかもしれませんけどね・・・

10人になったことで危機感が増したこともあるのか、最後までしっかりと走れていました。
裏を返せば選手たちの能力の証明でもあるわけで、これを常に続けていれば負ける相手などないはず(たぶん)

個人的に誰が良かったというのを挙げるのが難しい試合ですが、あえていうならアレックスが良かったんじゃないかなと思っています。

彼もやれば出来る選手ですね、そういえば(笑)

等々力のビジター側を埋めた真っ赤なサポ集団。

ゴールを決めた後、サポに向かって咆哮するナギー。

こういう光景を目にすると、これぞ浦和だと強く感じます。

現地で戦った皆様お疲れ様でしたm(_)m








・・・鹿戦のチケットが買えん○rz


テーマ : 浦和レッズ
ジャンル : スポーツ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

達也帰還!~次節は因縁駒場での大分戦~

他のREDSファンの人達に怒られるかもしれないが、先日の新潟戦に相手の川崎Fの鹿島での人数的に優位なのもあったかも知れないが、4-2の完勝。引き分けさえしてくれれば御の字だと思っていた。昨日の放送はBS1当然、うちでは映らない(笑)。頼りは携帯の速報チェッ....

コメントの投稿

非公開コメント

どうもです。

試合内容は今夜のJスカイでチェックしますが、新潟の試合で川崎で結果が残せるとは正直、思っていませんでした。

去年、ホームでやられた大分の悔しさはREDS全員分かっている事ですね。
26日、絶対に勝って甲府にも・・・。


そうですね次が肝心です!

大分には何故か最近相性がよくないですが、それも川崎せんのようなサッカーが出来ればなんの問題もないはずだと思ってます。
このまま一気に勝ち点を積み上げて一番上に立ってしまいたいですね。
PoweredBy

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新の記事
ブログ内検索
勝手にリンク
過去ログ
画像ファイル名の設定ミスのため、写真が入れ替わってしまっている記事があります。 コメントの設定を一時甘くしていたので、おかしなコメントが殺到してる記事があります。 閲覧する場合はご注意ください。 多すぎるので、修正するのはあきらめました YouTubeアカウントが停止されてしまったため、一部記事内の動画が再生できないものがあります(謝)
旧館へのリンク