ハピネスチャージプリキュア

14-02-20-hcp-01.jpg
新シリーズ、ハピネスチャージプリキュア、始まってます(`・ω・´)

プリキュアシリーズ10周年ってことで、OPに歴代プリキュアたちがお祝いメッセージで登場とか、
なんかいろいろ趣向を凝らした感じで楽しいですねw

14-02-20-hcp-02.jpg
13-02-20-hcp-03.jpg
14-02-20-hcp-04.jpg
3話までに登場したのは、ブラック、ドリーム、パッション
話の内容とかでランダムなようなので、誰が出てくるのか楽しみでもありますw

14-02-20-hcp-05.jpg
人見知りでコミュ障の、色物青キュア2世、キュアプリセス

ブルースカイ王国は、地球に存在する国家のひとつだったということで、
ひめは初の外国人プリキュアですねw
侵略を受けてしまった祖国を救うために戦う姫、というと結構重い設定だったりしますね。


14-02-20-hcp-06.jpg
キュアラブリー
おっちょこちょいでおせっかいで、やる気はあるけど、スットコドッコイ

世界を護る力をもつプリキュアに最初からあこがれててプリキュアになったって、
めぐみもプリキュアの中では異端の存在ですね。

でもなんか見てると非常に心配になるピンクです(^_^;)

圧倒的能力を見せたドキドキチームから一転、
作風もドタバタコメディ臭が漂うハピネスチャージプリキュア。

14-02-20-hcp-07.jpg
個人的にはキリっとかっこいいキュアフォーチュンが好みですが、
なにやらひめと因縁がありそうな感じ(´・ω・`)

世界にサイアークの脅威が広がったことと、ひめは何か関係があるのでしょうか。
フォーチュンのひめに対する態度を見ると…

ドキドキのマナを中心としてブレないチームと違って、
今作はチームとしてもプリキュアとしてもかなり未熟な状態からのスタートなので、
これからの成長っぷりが楽しみですねw

プリキュアとしての初期戦闘能力は比較的高め?なようなので、
メンタル面が成長すれば立派なプリキュアに成長することでしょう…たぶんw

14-02-20-hcp-08.jpg
あと注目なのは、今回のプリキュアの舞台。
めぐみたちが住んでる街は、ぴかりが丘。
そしてこの景色。

どっかで見たことがある、というかほぼそのまま光が丘の町並みなので、
そういう点でも楽しみです。
光が丘が舞台になるのって、デジモン以来ですかね。
自分の住んでる場所がプリキュアの舞台のベースになるとは、思いませんでした。

東映アニメーションのすぐ近くなので、
そういう意味では描きやすい街なんかもしれませんねw

聖地巡礼的な事ができるようになると楽しいですね~

コメントの投稿

非公開コメント

No title

どもども!

初回から見てますとも!

OP曲が馴染めない感じがしないでもないですが、ひめは外国人プリキュアだったんですね~。
>侵略を受けてしまった祖国を救うために戦う姫
他のRPG的な作品ではありがちな設定ですが、子供向け番組ではかなり重いですね;
前作のアン王女も戦ってる人でしたがw

全体の雰囲気からして、「日曜の朝のアニメって、こういうのだったな~」と、ふと懐かしさすら感じる、温かみのある世界観ですね。嫌いではないです。

めぐみはみゆきとマナを足して2で割ったような感じなのでしょうか?w
個人的にはひめの方が好きですが、コミュ障とか、今の時代を象徴してますね。

あと、EDダンスが素晴らしいですね!

> SPEED★KINGさん

どうもですー
新シリーズ、今のところ特にこれといったキャラクターは居ないので、いい意味でフラットに見れてる感じです(;´∀`)
ドキドキのときは初回からキャラクターでグッと来たのですが、今回はまだ底までではない感じです。

ひめは地球人かつ外国籍の初めてのプリキュアですねw
ハーフとしてなら、プリキュア5チームのレモネードが日本とフランスのハーフの子でした。

国が侵略を受けて日本に亡命状態で居る感じなんですかね、ひめは。

全体的なキャラデザが、ちょっと懐かしい感じだと思いましたw
東映の魔女っこアニメの伝統の流れみたいな感じでしょうか(・∀・)

ひめ、というかプリンセスのキャラクターが、キュアマリンの後継者ですよね完全にw
PoweredBy

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
ブログ内検索
勝手にリンク
過去ログ
画像ファイル名の設定ミスのため、写真が入れ替わってしまっている記事があります。 コメントの設定を一時甘くしていたので、おかしなコメントが殺到してる記事があります。 閲覧する場合はご注意ください。 多すぎるので、修正するのはあきらめました YouTubeアカウントが停止されてしまったため、一部記事内の動画が再生できないものがあります(謝)
旧館へのリンク