J1 第14節 vs 柏レイソル @国立

08-06-28-vs-kashiwa-02.jpg


6月28日(土) 2008 J1リーグ戦 第14節
2 - 1 浦和 (19:03/国立/36,785人)
得点者:29' 李忠成(柏)、63' 阿部勇樹(浦和)、84' 太田圭輔(柏)

--------------------------------------------------------------------

夕張合宿は、ただの慰安旅行でした。

・・・ま、いつものことです、はい。

それにしても浦和と対戦する相手は、生き生きとサッカーをしてくるね。

チームとしてやろうとすることが、狙い通りに全て上手くいくといった感じ。

そういうサッカーをされてしまうのは、浦和のやり方に問題があるということを、
浦和というクラブ自身が気が付いているのか疑問です。

システムがどうのとか、問題はもうその次元じゃない。

競技としてサッカーをやったことがない素人の目からしても、基本がなってないのがよくわかる。

とにかく、相手ゴール前に攻め込んだらシュートで終わってくれ・・・。

中途半端に攻め込んで、

こねくり回して掻っ攫われて

不用意に開けた両サイドの裏の広大なスペースをカウンターで蹂躙される。

中盤の守備は無いも同じ。

前線も交替パターンに疑問が残ったまま。

17番と7番を天秤に掛けると、その天秤がいつも17の方に傾く理由は何?

チームとして全体のバランスが崩壊したまま、孤軍奮闘しているのは阿倍と都築とゴールの枠。

中断前とどこが変わったのか教えてください、フロント様。




------------------------------------------------------------------



夕張まで“旅行”にいったのなら、土産ぐらい買ってこいや。

気が利かねぇな。





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

問題だらけの国立の夜…~J1第14節・柏レイソルvs浦和レッズ@国立競技場~

本来なら土曜日はオフの予定で汐留か後楽園のWINSから国立へ出撃する予定でいたのだが、金曜日の夜になって昼間のスケジュールを拘束されるハメに。いや、こっちにだって予

機能してない・・・

何しにいったんだっけ・・・ 柏 2-1 浦和 【サッカーに関係あること】 ◆夕張には強いチームを作りにいったわけではないらしい。 ◆都築は悪くない。 ◆ゴールポストはよくがんばった。 ◆都築とゴールポストの大健闘がなければ8点くらい入れられ...

コメントの投稿

非公開コメント

ホントに…

>土産くらい買ってこい
ホントに気が利かないですね(笑)
おっしゃる通りで7と17の選択で17を残す意味がわかりません。高原の方がまだ可能性はあると思うのですが…。

>藤沢雄二さん

こんばんは。

夕張土産の一つでも買ってくるような気づかいは、今のチームには無いでしょうね・・・やっぱり(^^;

FWは交代もそうですけど、スタメンの時点で17番を選択する理由が分かりません。
なぜ、あそこまで17に拘るんでしょうねぇ・・・。

お疲れ様でした・・・

水をなげつけてた都築が痛々しかった・・・
私もなぜいつも17番が残るのか、非常に疑問。。結果残せてないのに!

運動量も圧倒的に足りてなかったしDFラインはグダグダ。あわててボールを追いかけるレッズイレブンなんて見たくなかったです。

なにげにずっと勝ってないんですよね・・・ナビもいれて。トホホ(つД`。)

>ケロヨンさん

こんばんは。

都築の姿は痛々しかったですね・・・ホントに。
FWの起用と交代にも疑問が残りっぱなしですし、中断前と一体何が変わったのやら、さっぱりです。

そういえば、これで公式戦5連敗でしたっけ・・・。
2か月ぐらいまともに勝ちを見てないってことですね・・・orz
PoweredBy

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新の記事
ブログ内検索
勝手にリンク
過去ログ
画像ファイル名の設定ミスのため、写真が入れ替わってしまっている記事があります。 コメントの設定を一時甘くしていたので、おかしなコメントが殺到してる記事があります。 閲覧する場合はご注意ください。 多すぎるので、修正するのはあきらめました YouTubeアカウントが停止されてしまったため、一部記事内の動画が再生できないものがあります(謝)
旧館へのリンク